ブライダルエステの必要性、受けなくても大丈夫?

結婚が決まった女性はブライダルエステで自分磨きをした方が良いですが、そんなことをする必要はないと考える人も多いようです。

結婚にはお金がかかるため、少しでも節約したいという気持ちはわかります。しかし挙式は何度もやり直すことは出来ないので、肌荒れしているとお化粧のノリが悪くなりますし、太っているとウエディングドレスを綺麗に着こなせなくなるでしょう。

挙式当日までにスキンケアやダイエットを頑張り、完璧に美しい自分に仕上げるのは難しいですが、ブライダルエステなら可能なので、事前に通っていた方がメリットがあります。

挙式当日の写真や映像は一生残りますから、醜い自分を見たくないなら、ブライダルエステに通って、美しく磨き上げるようにしてください。

ブライダルエステって何をするの?エステ内容を教えて!

結婚式の日程が決まったら、その準備で色々と忙しい日々が待っているものですが、花嫁として式の主人公となる女性にとっては、自分の容姿を磨くこととても大事です。そのためブライダルエステを受けるために、エステサロンに何度か通う人が大勢います。

そのブライダルエステでは何をするのかと言うと、ウェディングドレスを来た時にきれいに見えるようになるための施術です。

その内容の例としては、顔をきれいに見せるためのお肌のケアや小顔マッサージ、ウエスト周りがスリムになるようなハンドマッサージやキャビテーション、顔やワキ、背中、腕などの、ウェディングドレスから外に出ている部分のムダ毛をきれいにするためのシェービング、意外と汚い場合が少なくない背中の美白ケアなどがあります。

ブライダルエステと普通のエステの違い

ブライダルエステは結婚式当日に美しく自分を見せる為に行うエステのことなので、その日を目指してエステをしていきます。

ドレスを着ると肌が見える部分が多くなるので、その部分を中心に行います。主に顔や二の腕、デコルテ、背中などが中心になります。二の腕の引き締めをしたり、顔の美白を行ったりします。またこれらの部位のシェービングやマッサージを行います。

一方普通のエステは自分が日頃気になっている部位のエステを行います。その為エステ期間も決まっておらず、自分が納得いくまで続ける事ができる違いがあります。費用についてはブライダルエステの場合10万以下が多いですが、普通のエステは施術によって様々ですし、10万円以上かかることがあります。

ブライダルエステって意味ないの?ブライダルエステに通う意味

ブライダル、つまり結婚を機に、それにふさわしい姿を追求し、より美しい姿で結婚式を迎えられるように、というイメージが大きいブライダルエステですが、「ブライダルエステなど意味ない」という意見も根強いものです。

始める時期によっても内容が大きく異なるため、その効果には個人差があるという側面もありますが、自分自身に意識を向け、できる限りのことを続けるということが効果なのである、という意見もあります。

ブライダルエステを行う行わない、というその位置側面だけでなく、何よりも大切なのは美を追い求めていく姿であると言えるかもしれません。

ブライダルエステに行かなくて後悔した人も多い

花嫁として結婚式に出席する女性にとって、どのような姿で大勢の人たちの前に出るかは重要な関心事でしょう。そのため自分の姿をより美しいものにするためにブライダルエステを受けようと思っても、もったいない気がして躊躇してしまう人がいるかも知れません。

しかしネット上では、ブライダルエステに行かなくて後悔した体験談をいくつも見ることができるので、それらを参考にして行くかどうかを決めると、後悔しなくて済む可能性が高くなるでしょう。

後悔した体験談の例としては、ドレスから出ている二の腕のたるみや背中の肌荒れが目立って恥ずかしかった、写真を後から見たら、お肌がボロボロだったのでショックを受けた、もっとスリムな体型になっておけば良かった、といったようなものがあります。

このページの先頭へ